Tekla Structures

テクラは、継続的な製品開発とお客様サポートに注力しています。

テクラのBIMモデルには、施工を見据えた精度の高いモデリングに必要な、正確で詳細な情報が含まれています。Tekla Structuresで作成された建設可能なBIMモデルを活用することで、よりスムーズなワークフローを実現することができます。

テクラのソフトウェアは、あらゆる材質や複雑な構造に対応しているため、スタジアムや海洋構造物、産業プラント、工場、住宅、橋梁、超高層ビルといった様々なプロジェクトで活用されています。

導入の支援

テクラのエリアオフィスでは、ソフトウェアのスムーズな導入のため、サポートやトレーニング等の技術的なサービスをご提供しております。

 

様々な構造形式や規格に対応

Tekla Structuresは、あらゆる構造形式に対応可能なソフトウェアソリューションで、お客様の多様なニーズにお応えしています。

また、30カ国の規格と14の言語をサポートしており、世界中の国々で活用されています。

 

主なメリット

  • Open BIMのアプローチによるコラボレーションと統合様々な材質をサポート
  • 大規模で複雑な構造物にも対応
  • 正確で実現可能なモデルの作成意匠、詳細設計から施工に至るすべての情報の管理・共有
Derby Business park model created in Tekla BIM software
Rebars in Tekla BIM software
Tekla BIM software for industrial projects

解析と設計の連動

テクラのソフトウェアを使用すると、あらゆる材料であらゆるタイプの構造物のモデリングを行ったり、単一のモデルに複数の材料を含めたりすることができます。ソフトウェアは、Tekla Open APIを使用することで、複数の解析・設計(A&D)パッケージと連携することができます。さらに、ファイル転送によってTekla StructuresとA&Dパッケージの連携を行うこともできます。サポートされる形式には、SDNF、CIS/2、IFCなどがあります。Tekla Structuresでは、社内のA&D表計算ソフトと連携することもできます。

A&Dパッケージとの連携によって得られるメリットには、モデル、図面、およびレポートとの連携や可視化、効率的な変更管理などが挙げられます。また、エンジニアと製図担当者の双方が同じプロジェクトモデルで作業を行うことができます。

図面、レポート、および機械

テクラのソフトウェアは、鉄骨構造物、プレキャストコンクリート要素、および鉄筋メーカーで使用されている、ほとんどの高度かつ主要な製作システム、資源計画システム、および機械自動化システムと統合されています。 製作情報をテクラのモデルからこれらのシステムに自動転送できるため、手作業やミスを最小限に抑えることができます。図面はモデルから出力できるほか、モデルに合わせて更新されます。さらに、モデルを材料の数量集計に使用することができます。

より幅広い工作機械との連携を実現するために、テクラのソフトウェアではさまざまなファイル形式が使用されています。

工程の円滑化

テクラのソフトウェアでは、効率的な情報の共有が可能であり、設計者、エンジニア、および建設業者がプロジェクト情報を共有し、調整を行うことができます。テクラのソフトウェアは、Open BIMアプローチとIFCのコンプライアンスにより、主要なAEC、MEP、およびプラント設計用ソフトウェアソリューションと連携できます。ソフトウェアでは、DGNおよびDWGがサポートされています。テクラのソフトウェアは、業界最高レベルの施工管理や解析・設計用ソフトウェアとも統合されています。

さまざまなアプローチのメリットには、効率的な施工を支援する、より正確なレイアウト調整や構造情報が挙げられます。これにより、ユーザーの不満を低減しながら、生産性を向上することができます。

テクラのソフトウェアは、プロジェクト管理アプリケーションとも連携されるため、ユーザーはスケジュールライン項目、材料の注文、支払請求、および他のプロジェクト関係者が作成したオブジェクトの実際の範囲や状況をより正確に把握できるようになります。さらに、プロジェクト管理情報の重要なコンポーネントを、対応する知的なモデルオブジェクトにマッピングすることで、ユーザーはプロジェクトの進捗状況をダッシュボードで表示できるようになります。

Tekla Structuresのパートナーはこちら