Tekla Structuresパートナー

テクラのソフトウェアでは、BIMに対するさまざまなアプローチが採用されているため、他社のソリューションや工作機械を実行しながら、テクラのソフトウェアと連携することができます。また、アプリケーションインターフェイスであるTekla Open APIを使用すると、Tekla Structuresを容易に拡張および強化できます。

工程間のコラボレーションは、建設業務においてミスを最小限に抑え、効率性を最大限に高めるうえで非常に重要となります。これは、収益性の向上や納期内でのプロジェクトの完成につながります。

テクラのソフトウェアは、Tekla Open APIにより、最高レベルのデータ統合および精度を維持しながら、AEC業界の他のソフトウェアと効率よく統合することができます。Tekla Open APIは、Microsoft ® .NET連携ソフトウェアに基づいており、ソフトウェアシステム間でコラボレーションを行うための最先端の連携を可能にします。

 

解析と設計

Tekla Structuresは、Tekla Open APIを使用することで、複数の解析・設計(A&D)パッケージと連携することができます。さらに、ファイル転送によってソフトウェアとA&Dパッケージの連携を行うことができるほか、ソフトウェアを社内のA&D表計算ソフトと連携することもできます。Tekla Structuresでは、SDNF、CIS/2、およびIFCの構造がサポートされます。

A&Dパッケージとの連携によるメリットは以下のとおりです。

  • モデル、図面、レポートの調整および可視化。
  • エンジニアとモデリング担当者の双方が同じプロジェクトモデルで作業可能。
  • 効率的な変更管理により、プロジェクトの情報を最新の状態に保持可能。

 

 

MIS

Tekla Structuresは、主要なMIS鉄骨製作ソフトウェアソリューションやプレキャストコンクリート製作の生産管理システムソフトウェアとの連携が可能です。Tekla Structuresのレポート、標準形式、およびデータ転送向けの高度なアプリケーションを使用することができます。また、一部のシステムでは、Tekla Structuresに情報をエクスポートすることもできます。

鉄骨業界

 

プレキャスト業界

 

製作機器

Tekla Structuresは、さまざまな鉄骨製作機器やプレキャストコンクリート製作機器との連携が可能です。

鉄骨製作機器の場合、DSTVのインポートに対応可能な任意のCNCソフトウェアを統合できます。また、自動レイアウトや罫書きを行う目的で、テクラのモデルから製品情報を出力できるような高度なアプリケーションも利用可能です。プレキャストコンクリート製作機器の場合、テクラのモデルの情報を転送することで、鉄筋、埋込み材質、コンクリートの形状などを伝達できます。

CNC鉄骨製作機器

プレキャストコンクリート製作機器

プロジェクト管理

コミュニケーションおよび時間ベースの管理データをテクラのモデルに統合することで、テクラのモデル内の情報の質をさらに高めることができます。さらに、プロジェクト管理情報の重要なコンポーネントを、対応する知的なモデルオブジェクトにマッピングすることで、ユーザーはプロジェクトの進捗状況を動的なダッシュボードで表示できるようになります。プロジェクト管理との動的な連携は、スケジュールライン項目、注文の変更、支払請求、およびプロジェクトの論点の他のさまざまな領域の実際の範囲や状況をより正確に把握するのに役立ちます。

 

建築および業界におけるコラボレーション

Tekla Structuresでは、モデルや図面の情報を主要な建築およびMEPモデリングプログラムと共有できます。ArchiCAD、ADT、Revit Building、Nemetschek Allplan、Bentley Architecture、およびTekla StructuresはすべてIFCに準拠しています。DGNやDWGなどの他の形式もサポートされています。

Tekla Structuresは、主要な工程およびプラントのレイアウト計画、ならびにPDS、PDMS、Smartplant3D、Cadmaticなどの配管設計製品との 連携が可能です。より正確なレイアウト調整や構造情報によるメリットが得られます。


 

コスト見積り

Tekla Structuresで作成された管理モデルを使用すると、コスト見積り工程の工程を改善することができます。知的なモデルオブジェクトにより、業界標準のコスト見積りソリューションに入力するための数量計算のレポート作成が可能となります。

上記の企業およびソフトウェアはすべて、各社の所有物または登録商標(あるいはその両方)です。