リスクマネジメントと、完成度の高い建設計画の作成

テクラのソフトウェアは、建設事業における調整作業、数量やコストの見積り、スケジュールおよび建て方計画の作成を支援します。実現可能な建築プロジェクトの情報は、常に最新で、正確かつ整合性を保持しています。

テクラのソフトウェアは、建設業者のリスクマネジメントと、完成度の高い建設計画の作成に役立ちます。施工前に問題を突き止め、回避することで、追加費用の負担をともなう作業の遅れや、手戻りを最小限に抑えます。また、モデルから様々な情報を事前に把握し、プロジェクトの準備段階から実施段階に至るまでの緻密な計画を立てることができるため、立案、調整および管理の効率化を図ることができます。

テクラのソフトウェアでは、ファイルサイズや複雑さに関係なく、情報を豊富に盛り込んだモデルを構築し、統合することが可能です。ソフトウェアには、プロジェクトの検討や実現可能性調査を行うためのツールも含まれています。

テクラのソフトウェアの活用

  • 各分野間の調整、干渉の解決、施工前のプロジェクト計画の作成
  • プロジェクト関係者間のコラボレーション強化
  • 工程の初期段階における意思決定

コンクリートと鉄筋のモデリング

テクラのソフトウェアを使用すると、現場打ちコンクリートのBIMモデルを作成することができます。打設作業を効率的に計画および管理し、スムーズに変更事項に対応することができます。

現場打ちコンクリートにおける作業の詳細はこちら

テクラのモデルデータを活用し、鉄筋の自動加工を行うことができます。

鉄筋の製作および詳細設計のソリューションの詳細はこちら

主なメリット

  • 施工前のプロジェクト評価と、全体像の把握
  • プロジェクト関係者との容易なコラボレーション
  • コスト見積りやスケジュールの情報をモデルへ統合
  • 可視化によるプロジェクト関係者の理解向上
  • 日常業務の計画および管理

建設事業をできるだけ有利な条件で落札するためには、材料費、労務費、経費などを正確に見積る必要があります。テクラのソフトウェアでは、施工前工程を合理化および向上するために、実現可能性調査を効果的に実施できます。

把握および解析

収益性の高い建設事業を受注するためには、まず、設計意図を十分に理解していなければなりません。テクラは、お客様がプロジェクト要件を解析し、統制を図ることができるよう支援を行っています。材料の正確な定量化に基づき、コストを見積り、施工スケジュールを作成し、プロジェクトを納期内および予算内に完成させることができるメリットをご活用ください。

コストやスケジュールを最適化するために、視覚化されたデータに基づいて、代替案の検討やモデル解析を行うことができます。テクラのソフトウェアでは、材料をすばやく正確に定量化できるため、入札に関するデータの解析や妥当性の確認、コストの見積り、そして適正な調達が可能になります。モデルを使用することで、面積測定や建築部材の計測、計算も迅速かつ容易に行うことができます。

BIMに対するさまざまなアプローチ

テクラのBuilding Information Modelingに対するさまざまなアプローチにより、ソフトウェアでPrimavera、Asta、MS Projectなど、業界の標準的な計画アプリケーションや他のアプリケーションとの統合または連携が可能になります。テクラのソフトウェアにより、プロジェクト関係者間の円滑なリアルタイムコラボレーションや情報共有が可能です。サイズや形式を問わず、建築アプリケーションやプラント設計アプリケーションから、2次元や3次元の設計データをインポートできるようになります。

現場では、テクラのソフトウェアは建設業者が変更管理、ジャストインタイムの材料調達、およびロジスティックスにおける日々の課題に対応し、納期内および予算内にプロジェクトを完成させるのに役立ちます。現場作業の管理および調整を行うことができるほか、正確なモデル情報を利用できます。

テクラのソフトウェアを活用して以下の内容を行うことができます。

  • 日常業務の計画
  • プロジェクトの期間内および予算内での完了
  • 設計や作業工程のわかりやすさの向上
  • 設計上のミスや干渉の早期発見

可視化や3次元モデルにより、設計内容や作業工程がわかりやすくなるほか、豊富な情報により、下請業者の作業を最適化し、適切な量の材料を調達および管理できるようになります。MS Project、Excel、Primaveraなどから、スケジュール情報との連携機能を活用して、施工計画の妥当性を確認できます。また、現場のすべての関係者が、建設作業でのコラボレーションに役立つ無償の専門ツールTekla BIMsightを使用してモデルを活用できるようになります。

建設現場で実際のレイアウト上のポイントをテクラのモデルに追加した後、これを操作し、レイアウトや調査機器にエクスポートすることができます。 その後、現場の測定データを再びモデルにインポートすることもできます。

テクラは、継続的な製品開発に注力しています。テクラのソフトウェアは、高精度で詳細な情報を含むBIMモデルを作成、統合し、そのモデルを関係者に提供することができます。Tekla Structuresは、生産管理システム(ERP)やフルオートメーションの工作機械とのデータ連携機能を実装しており、必要に応じてカスタマイズすることも可能です。

あらゆる材質を扱うことができるため、鉄骨、プレキャストコンクリートや現場打ちコンクリート、木材など様々な部材をひとつのモデルに統合することが可能です。統合モデル内に包含された複数の構造を一括で把握することで、すべての要素が適切に納まっていることを容易に確認することができます。Tekla Structuresには、各種のコンポーネントが用意されており、ユーザーが独自のジョイントなどをカスタムコンポーネントとして作成し、保存、共有することができます。

テクラでは、ソフトウェアのスムーズな導入のため、コンサルティングやサポート、トレーニングなどの技術的なサービスのほか、エクストラネットなどのオンラインサービスをご提供しております。

導入後のプロジェクト期間の短縮や経費削減効果を最大化して頂くため、テクラはお客様と共に導入計画の立案を行い、お客様に合ったソリューションをご提案しております。