BIMへのオープンなアプローチを推進するテクラ

テクラは、1つのソフトウェアソリューションまたは統合システムだけで建設業界のすべての要件を達成することはできないと考えています。代わりに、特定の目的に特化したシステムが混在した環境でも、情報モデルや一般的に認められているプロセスと方法、さらには共通の用語を使用することで、コミュニケーションを効果的に行うことができると考えています。このため、テクラでは、Building Information Modelingに対してオープンなアプローチを採用しています。

Open BIM information flow

Open BIMの実用的なメリット

テクラは、顧客に他の関係者の仕事に関する情報を十分に取り入れ、それらの情報を最新の状態に保ちながら、設計意図を正しく理解し実現してほしいと願っています。建設プロジェクト関係者は、使用するツールに関係なく、スムーズに連携できる必要があります。Open BIMとは、単なる2つのソフトウェアパッケージ間の互換性ではなく、ワークフローレベルの互換性にほかなりません。また、製作においては、オープンで読み取り可能なデータが必要になります。

現在、毎日使用できるOpen BIMとして、IFC(Industry Foundation Classes)ファイル形式が最も実行可能性が高い選択肢となっています。テクラは、IFCを使用して、AEC、MEPなど、ますます多くのプラント設計ソフトウェアをリンクさせています。

これまでに、設計の分野では、IFCベースのワークフローが一般的になりつつあります。同時に、米国鋼構造協会(AISC)では、その相互運用性戦略の中心としてIFCを採用しています。鉄骨業界では、生産性の向上に対するニーズによって自動開発が後押しされています。このため、計画および工程管理情報に対する需要が高まっています。

パートナーとの連携

テクラのソフトウェアは、大きなプロジェクトでは150~200社の企業が参加することもある業界で使用されています。それらすべての企業が1つの共通の目標を達成する必要があります。成功のためには、コラボレーション、コミュニケーション、互換性が重要になるということに何ら不思議はありません。その業界にとって、Open BIMアプローチには、使用されているソフトウェアに関係なく、最良のプロジェクト関係者を自由に選んで一緒に仕事ができるというメリットがあります。

企業として、テクラは単独で取り組みを行っているわけではありません。顧客がパートナーと連携できるよう支援するために、buildingSMARTにおいて他の建設業界団体とも協力関係を結んでいます。
Tekla Structuresは、他社のソリューションや工作機械とも連結させることができます

テクラでは、顧客が必要に応じて独自のアプリケーションを製作できるようにしたいとも考えています。業界標準インターフェイスの機能に独自の機能を追加したい場合は、Tekla Open API(Application Programming Interface)を使用して行うことができます。Tekla Open APIを使用すると、それらのアプリケーションをモデリング環境に統合できます。また、手持ちのカスタムアプリケーションと接続させることもできます。

buildingSMART open BIM

Open BIMでは、透明性の高いオープンなワークフローがサポートされているため、プロジェクトメンバーは使用するソフトウェアツールに関係なく参加することができます。
buildingSMART

Fira Alhava open BIM

モノリシックな閉鎖的なシステムではなく、オープンなプロトコルを使用し連結することで、インターネットがどのように最も人気のあるシステムになったか、またそのオープンソースコーディング主義とオープン性によってクラウドソーシングがどのように可能になったかについて考えてみてください。これによって、誰も予期しなかった飛躍的な躍進がもたらされました。次は、Open BIMによってそれを目指します。オープンなプログラミングインターフェイスを使用することで、最良の結果を得るのに最適なツールと連携させることができます。
Otto Alhava
CTO
Fira