Tekla Structures 2016i 新機能・改善機能

柔軟性と操作性が向上し、作業効率をアップさせる機能をぜひお試しください 。

Ribbon

継続的にお客様のご要望を伺い、Tekla Structures 2016iの開発を進めてまいりました。年初に導入されたユーザーインターフェイスに、リボンのカスタマイズ機能を搭載することで、ソフトウェアのカスタマイズが可能になり、快適に作業を行えるようになります。使用頻度の高いコマンドをリボンに追加すれば、生産性の向上にもつながります。

Tekla Model Sharing

Tekla Model Sharingに関しては、役割に応じたアクセス権が付与できるようになり、プロジェクト参加者の編集権限が管理しやすくなります。また、ロック機能によって会社ごとに作業データを保護できので、信頼性と安全性を確保しながら、会社や役割の異なるユーザーとの共同作業を進めることができます。

Drawing

図面作成とスケッチが、より簡単かつ柔軟に行えるようになりました。ハッチングや図面内での参照モデルの表現、印刷出力の機能拡張によって、設計図や施工図の作成が容易になります。

Steel

鋼構造

新しい折れ板作成機能により、複雑な折れ板の作成や、単純な曲げ角度から箱状の部材、ささら桁などの作成も容易になります。ネスティングや製作用に、モデルから展開したプレートのNCデータを生成し、折れ線や曲げ半径の情報を含めた図面を作成することができます。

Precast

プレキャストコンクリート

プレキャストコンクリート向けには、あらゆるコンクリート壁の詳細なモデリングを効率的かつ柔軟に行える機能について、継続して開発を行っています。Tekla Structures 2016iでは、2重壁における効率的な詳細設計作業を可能にする新しい鉄筋のモデリング機能が加わっています。

Cast in place

現場打ちコンクリート

新バージョンでは、素早く簡単に情報管理を行うための改善が、継続して施されています。打設における独自のコンセプトに基づき、現場打ちコンクリート部材ユニット機能を新たに追加しました。これは、現場打ちコンクリート部材オブジェクト、型枠、関連する鉄筋や付属品など、現場で打設する前に準備する必要がある材料をひとつのユニットとして管理します。数量データや関連情報をこのユニットに自動的にリンクすることができるので、モデルの情報管理や材料リスト・打設計画の作成を素早く簡単に行えるようになります。

Enigneering

エンジニアリング

Tekla Structures 2016iに搭載された構造エンジニアリング向けの新しい情報管理とコミュニケーションの機能により、これまで以上に付加価値の高いモデルの作成が可能になります。パターンラインやスケッチ(線、ポリライン、ポリゴン)、エレベーションマーク、ハッチングの機能強化により、設計図(軸組図や平面図など)の作成をより容易に、素早く行うことができます。

機能 Tekla Structures 2016
Main Tekla Structures 2016 features
User Interface

詳細な情報を持つモデルの作成をさらに容易に

新しくなったユーザーインターフェースは、アイコンなどのデザイン刷新はもちろん、より迅速かつ容易にモデリングができるように改良されています。例えば、最近使用したモデルのリストからモデルを選択したり、リボン上のタブにカスタムタブを作成して、よく使用するコマンドを登録できるようになります。 また、モデルの視認性を向上させるため、デフォルトのカラーを一部変更しました。

なお、ショートカットキーおよびコマンド名については、 大きな変更はございません。

Collaboration BIM Change Management

情報管理とコラボレーション 機能の強化

建設プロジェクトにおいて、誰がどのような作業を行ったかという情報は非常に重要です。 他のプロジェクト関係者からの参照情報をよりスムーズに利用できるようになり、その信頼性も向上しました。 参照情報の管理やコラボレーションが容易になることで、設計や詳細設計での不具合を回避することが可能になります。

 

Drawings improvements

図面作成の改良により、製作工程をより迅速で容易に

テクラの製品開発は、図面の作成作業に従事するお客様のご要望を常に念頭に置いて行っております。新バージョンでは、 図面の作成と編集がさらに容易になり、柔軟性と信頼性が向上しています。2Dライブラリでは、継手基準図や溶接基準図、変更承認マークなどの2次元データを作成して登録・再利用できるため、図面作成の作業時間をさらに短縮することができます。また、共有する2Dライブラリは一度に更新することができるため、関係者は常に新しい図面情報を利用できます。

鉄骨ファブリケーター向けの効率的な機能

モデル情報を活用し、生産性を向上します。

オーガナイザーでのモデル情報の活用: レスポンスタイムがさらに短くなります。新しいプロパティカテゴリーによって、モデルへの情報の書き込みが簡単に行えるようになっています。また、サブカテゴリーが自動的に作成されることにより、既存のモデルや参照モデルのコンテンツをフィルタリングしてサブカテゴリーに分類することがより容易になります。

モデリングの作業工程をサポートする新しいオーガナイザー: カテゴリーが自動的に作成されるようになり、誰でも簡単に最新のモデル情報を活用することができます。プロパティカテゴリーを使用してモデリングの作業工程やワークフローを管理したり、進捗確認や分類がひと目で分かるようにグループごとにモデルを色分けすることも容易になります

簡単かつ正確にスナップ: テクラのユーザー様からのご要望にお応えし、スナップツールの改善を行いました。例えば、補助円やその交点でスナップできるようになり、半透明の面の裏側のオブジェクトに誤ってスナップしてしまうことがなくなります。

 

モデリングから製作までの情報フローの改善による生産性向上: CNC工作機械との連携強化によって個別の機械設定が容易に行えるようになり、フィードバック機能の改善も施されました。 CNC工作機械からの出力制御も改良され、 ハードスタンプの作成位置の管理や出力制御、DSTVヘッダーのカスタマイズ等が可能になりました。

モデル内の溶接を簡単に確認: 溶接の表現が明確になったことで、溶接箇所の提示が容易かつ簡単になります。新しい図面機能では溶接箇所をはっきりと示すことができ、複雑な詳細まで正しく伝達できるようになります。

ドラフター は、お客様のご要望を受けて大幅に改善され、 図面の作成と複製が可能になりました。詳細はこちら >

情報を活用し、より容易になった現場打ちコンクリート施工

進化したTekla Structures 2016は、コンクリート施工業者が簡単にモデルを活用できるように改良されています。

現場打ちコンクリート向け機能の改善: 現場打ちコンクリート向けのモデリング機能と管理ツールの性能が向上しました。 正確にモデリングされたテクラのコンクリートモデルと強力な建設情報の管理ツールにより、打設作業での理解が深まり、効率的なコミュニケーションが可能になります。

オーガナイザーでのモデル情報の活用: オーガナイザーでのプロジェクトの計画、調整、管理がより効率的に行えるように改良されました。 モデルに含まれる豊富な情報と帳票類をすばやく簡単に利用できるようになったため、正確にプロジェクトの予測を立て、計画通りに納品することができます。視覚的な理解を深めるため、モデル上で参照したい箇所や重要なカテゴリーをハイライトすることもできます。

現場での位置管理がさらに容易になり、作業効率がアップします。IFC形式との互換性により、現場での配置を自動化し、一貫性のあるロケーション・ブレークダウン・ストラクチャーを実現します。

ツールの改善により、積算の精度を向上: 新しい面オブジェクト機能により、材料の積算の精度が向上します。面の属性と数量に基づき、正確な積算情報を報告することが可能です。

 

LandXMLファイルによる地形情報のインポート: LandXMLファイルをTekla Structuresにインポートするだけで、他のプロジェクト関係者が作成した地面や道路、鉄道、雨水浄化システムをモデルに含めることができます。

スムーズな図面の自動作成: 図面の作成作業がよりスムーズになり、品質が向上します。 一般図では現場打ちコンクリートモデルを打設単位、あるいは部材単位で表示することができます。また、現場打ちコンクリートの図面に色をつけることも可能です。

構造エンジニア間の円滑なコラボレーション

Tekla Structures 2016は、選択するLODレベルに関わらず、建築およびプラント業界の構造エンジニアに様々なメリットをもたらします。

高品質な図面をスムーズに作成: 構造設計の図面が分かりやすく明瞭になり、図面用のツールの改良によってさらにスムーズに作成できるようになります。

さまざまな設計チームとのコラボレーションの円滑化: Intergraph社Smart3DやAveva社 PDMSのようなプラント設計システムや他の建築ソリューションとのワークフローが向上し、情報のやりとりの管理がさらに便利になります。

 

クライアントのプレゼンテーション用にインパクトのある高品質なビューを作成したい場合、Trimble SketchUpにモデルをエクスポートした後でレンダリングのパッケージを使用することができます。さらに、LandXMLファイルをTekla Structuresにインポートするだけで、他のプロジェクト関係者が作成した地形モデルや道路・鉄道の線形、雨水浄化システムをテクラのモデルに含めることが可能です。

 

また、他のプロジェクト関係者が各々使用するソフトウェアソリューションと階情報等を共通化し、正確に情報を整理して提供することができます。

オーガナイザーでの情報の利用: モデルに含まれている情報を、より簡単かつ素早く確認できるようになります。有用性の向上と強力な新機能により、モデルが持つ情報を効率的かつ容易に管理、確認、報告することができます。

 

プレキャストコンクリート製造業者向けの強力なツール

Tekla Structures 2016には、プレキャストコンクリート製造業者向けの新しいツールが加わり、有用な改良が施されています。

効率的な壁のモデリング: 新しい壁レイアウト機能とその関連ツールにより、様々な種類の壁のモデリングと変更作業を効率的に行うことができます。

ディテーリングマネージャによるタスクの自動化: モデリングでの繰り返し作業を自動化することで、より生産性の高い詳細設計を行うことができ、時間短縮とエラー低減につながります。

図面に表示される鉄筋の注記の改良: ユーザー様からのご要望にお応えし、図面上の注記や自動引出し線、文字、寸法の作成と編集機能が改良されています。

オーガナイザーでのモデル情報の利用: プレキャスト部材のコンクリートカバーなど、製作の際に繰り返し利用する情報を自動的に作成し、効率的なモデル情報の管理と視覚的なカテゴリー分けができるようになりました。

 

Tekla Structures 2016に関するお客様の声:
回答項目:ユーザーインターフェース

使えば使うほど、新しいインターフェースが気に入っています。無駄がなく、スタイリッシュで分かりやすいデザインですね。

- ユーザー・フィードバック・プログラム回答者
回答項目:ユーザーインターフェース>スタート画面

スタート画面がとても分かりやすいので、モデルを開いたり、新規作成がしやすくなりました。モデルに画像が追加できるので、視覚的に操作できるのもいいですね。

- ユーザー・フィードバック・プログラム回答者
回答項目:ユーザーインターフェース>リボン

使用頻度の低い機能を非表示にできるのがいいですね。全機能が表示されるより分かりやすくなり、 モデリングの効率が上がると思います。

- ユーザー・フィードバック・プログラム回答者
回答項目:ユーザーインターフェース>クイック起動

クイック起動バーがあるので、コマンドやアイコン、ウェアハウスにあるものなど、使いたいものがすぐに見つかります。

- ユーザー・フィードバック・プログラム回答者
回答項目:ユーザーインターフェース>コンテキストツールバー

作業時間を短縮できる素晴らしい機能ですね。

- ユーザー・フィードバック・プログラム回答者
回答項目:2Dライブラリ

同じものを何度も詳細までモデリングしなくてすむので、作業時間を大幅に短縮することができました。

- ユーザー・フィードバック・プログラム回答者
回答項目:BIM変更管理

とても便利ですね! ファイル名が同じ古いファイルに上書きした場合に、IFC形式のファイルを比べられて良いです。

- ユーザー・フィードバック・プログラム回答者
回答項目:オーガナイザーの改良

細かいところまで改良されたおかげで、オーガナイザーが便利になっています!

- ユーザー・フィードバック・プログラム回答者

ご存知ですか?

Trimble Connect

Trimble Connectは、プロジェクト管理のためのコラボレーション環境を提供します。ここでは、会社や部門の枠を越え、プロジェクト関係者がどこからでもアクセスして作業を行うことができます。

分野に関わらず、テクラのモデルや図面を他のユーザーと簡単に共有し、表示や確認、参照および閲覧履歴を含めて保存することができます。他の関係者が作成したモデルやデータの表示と閲覧ができ、テクラのプロジェクトで簡単に利用できるようになっています。 Trimble Connectを使用するには、Tekla Structuresからアクセスします。

詳細はこちら connect.trimble.com >