部分最適化から全体最適化へ

豊富な情報を盛り込んだテクラの3次元モデルを活用することで、ファブリケーターはあらゆる種類のプレキャストコンクリート部材を適切なタイミングで製作し、現場に搬入することができるようになります。

Tekla Structuresは、入札から納品までのプレキャストコンクリート製作におけるワークフロー全体の効率化を実現します。 3次元可視化や代替案の提示を行うことで、完成度の高い有益なプロジェクトの受注拡大が可能になります。

あらゆる構造物の詳細設計や製作管理、建て方計画、さらには製作前段階での不具合の早期検出を可能にするテクラのソフトウェアは、意匠、詳細設計から製作、プロジェクト管理を一元化することができます。また、生産管理システム(ERP)やフルオートメーションの工作機械とのデータ連携機能も実装されています。プレキャストコンクリートや鉄筋、鉄骨のファブリケーターは、無償で提供される建設コラボレーションツールTekla BIMsightを活用することで、建設会社とのコミュニケーションや現場管理を含む製作工程全体の管理、関係者間のシームレスな情報共有を促進することができます。これにより、常に全員が情報を把握した状態を維持することができます。

 

主なメリット

  • 無駄を省き、全体コストの削減と期間短縮
  • 設計および製作時における人的ミスの低減
  • 変更箇所へのスムーズな対応が可能
  • 標準規格や独自の部材登録による製作工程の標準化
  • 全ての部材をひとつのモデルへ統合
  • 工作機械とのデータ連動