2020年ドバイ国際博覧会UAEパビリオン

プロジェクト名:2020年ドバイ国際博覧会UAEパビリオン

プロジェクトカテゴリー:商業施設部門

会社:Gulf Steel Industries社

プロジェクト建設地:アラブ首長国連邦

Website:gsifz.com

 

アラブ首長国連邦のナショナル・メディア・カウンシルは、2020年ドバイ国際博覧会のUAEパビリオンに建築家Santiago Calatravaによる設計案を採用しました。

4.38平方キロメートルに及ぶ展示ゾーンの中心にあるアルワスル・プラザの反対に位置するUAEパビリオンは、空を飛ぶハヤブサからインスピレーションを受けており、世界180カ国からの来場者と出展者2,500万人に自国をアピールする予定です。同博覧会は2020年10月から2021年4月まで開催されます。

2017年7月4日、インフラ整備を請け負うトップ企業Arabtec Holding社(以下、「Arabtec」または「グループ」)の100%子会社であるArabtec Construction社(アラブ首長国連邦、ドバイ)は、アブダビ・ナショナル・メディア・カウンシルから3億53,00万UAEディルハムで2020年ドバイ国際博覧会のUAEパビリオンの工事請負契約を受注しました。同パビリオンは4.38平方キロメートルに及ぶ展示エリアの中心にあるアルワスル・プラザの反対に位置しています。

スペイン人の建築家Santiago Calatravaが空を飛ぶハヤブサからインスピレーションを受けて設計したUAEパビリオンは、2020年ドバイ国際博覧会で最重要ランドマークのひとつになることでしょう。パビリオンの建設はすでに終了し、2019年末に引き渡しが完了しています。同パビリオンの敷地面積は1万5,000平米、総床面積は1万9,200平米で、上階の床面積2,000平米、中2階662平米、プラザ階と関連施設は3,000平米に及びます。1階には庭園と駐車場が含まれ、1万3,300平米の広さがあります。

課題

1- 非常にタイトな納期

2- 大部分が特殊な仕様で接合された梁で構成

3- 主要肋材がすべてキャンバー形状

TEKLAを選んだ理由

Tekla StructuresとTekla BIMsightのおかげで、最高の連携をしながらプロジェクトを完遂することができました。

会社紹介

Gulf Steel Industries社は、高品質な鋼構造建造物を求める世界的な需要拡大に応えて設立されました。 

建設および関連業界に対する当社のサービスには、鋼構造物の設計、製作、および建設が含まれます。