BIMの適用範囲を拡大し、さまざまな工程でその効果を発揮

フィンランドの首都ヘルシンキ、パシラの中心部にあるTriplaの開発プロジェクトは、現在同国でもっとも大規模な建設現場のひとつである。駅の拡張工事をはじめ、ショッピングセンター、オフィスビル、集合住宅などの建設工事が並行して進行している。総敷地面積は35万平米で、サッカーコート50個分に相当する。

プロジェクトはヘルシンキ中心部の鉄道輸送エリアで進行しているため、工事には高い安全性基準が設けられ、架設駅や乗客を誘導する高架交差路を利用したり、交通量の少ない夜間に作業を行うなど制約条件が多い環境下で行われている。BIMベースのワークフローによってさまざまな課題の解決に取り組みながら、同時に生産性向上やコスト削減、関係者間での円滑なコラボレーションによる業務効率の向上など大きな効果を上げている。

「私たちは駐車場、ショッピングセンター、駅、集合住宅、オフィス区画、ホテルといった複数の大型プロジェクトを同じ場所で同時に進めているようなものです。これらは別々の建物ですが、どのBIMモデルも共通のフォーマットを利用しており、互換性を保っています」と、Triplaプロジェクトの建設を請け負うYIT Construction社のBIMスペシャリストJanne Salin氏は述べている。

既存構造物や岩盤のスキャンデータからBIMモデルを構築

Triplaでは、さまざまな設計作業にBIMのツールが使用されている。旧パシラ駅は、完全に取り壊さずに基礎部分や建物の一部を残したまま、低層部分の構造物は保持、補強、補修され、駅の上層部分は新規構造物として全面的に新たに建設されている。

そのため、プロジェクトの初期段階では、旧駅舎の基礎部分と掘削された岩盤の表面をレーザースキャンし、このスキャンデータに基づいて初期モデルを作成して、設計に必要となる正確で包括的な初期情報がプロジェクト関係者に提供された。初期のBIMモデルは、新規構造物と旧構造物の取り合いを確認するためにも使用され、テクラモデルを使って追加の掘削や必要な補強工事の検討が行われた。

 

統合モデルによる関係者間でのコラボレーションの円滑化

建設プロジェクトでは、専門分野向けにさまざまなソフトウェアソリューションが必要となる。Triplaプロジェクトの現場は4つのセクションに分けられ、複数の意匠・構造設計事務所がそれぞれ独自の意匠モデル、構造モデル、電気や設備のモデルを持ち、全部で約100種類のBIMモデルが存在している。

このような環境では、Open BIMのアプローチによって、プロジェクトに参加する全関係者が、設計者と建設会社が作成したすべての情報を使用できるようになることがプロジェクトの成功において極めて重要である。

週ごとのミーティングでは、さまざまなプロジェクト関係者が統合モデルを使って、構造体と設備がどのように建物内部で交差しているか、入居者の導線から開口部をどこに設けるべきかなどの検討を行っており、干渉や問題を発見した場合は直ちにその場で設計変更への合意を得ることができるようになっている。多くのユーザーにとって、建設プロジェクトにおけるコラボレーションは大きな付加価値を生み出すのである。

 

VRでオフィスや店舗内部を可視化

建設中のオフィススペースでは、意匠設計者が作成した3次元モデルをもとに、VR技術を利用してテナントの内見者向けにオフィスや店舗内部を閲覧できるバーチャル環境が作成された。内部は空室の状態と、3Dモデルのライブラリーを使用して家具を配置した状態の両パターンで見ることができる。バーチャルで可視化することは、賃貸契約の検討を行っている企業にとって非常に有用だ。自社で作成した3DモデルデータをVRに使用することで、外部業者に専用のデータ作成を依頼するコストの削減にもつながっている。VRは建物の内部だけでなく、現場での重機からの視界など作業状態の確認にも使用されている。

 

BIMモデルを活用した正確でスピーディーな積算

プロジェクトの調達チームは、BIMモデルを活用して建設資材の数量などを効率的に算出している。Tekla Structuresでは、さまざまな条件で積算情報を集計し、分類することができるので、作業の工程や、業者ごとなど細かい単位でコストを可視化し、正確な見積価格の把握に役立てている。

「テクラモデルには、たくさんの有益な情報が含まれています。ここから、原価計算に必要となる数量や重さ、コンクリート体積、面積の情報を得ることができ、作業計画や協力会社とのやりとりをスムーズに行うことができています」と、Janne Salin氏は説明する。「以前は、山のような図面を広げて、定規を使って柱の高さと厚みを測定し、計算機をたたいて必要なコンクリートの量を決定しなければなりませんでした。テクラのBIMモデルを使えば、積算にかかる時間を大幅に短縮できるのです」。

その他にも、テクラモデルは建物内に設置するエスカレータの搬入経路の調査など、工事の実現可能性の検討でも大きな成果を上げている。現在進行中の本プロジェクトは、ショッピングセンターと駅が2019年に、オフィス、居住用建物およびホテルは2020年に完成する予定だ。