Obayashi - Kaneko

ファブリケーターが作成したBIMモデルをゼネコンが工事管理に再利用することは、業界にとっても大きな変化です。地組ブロックや製作単位など、必要なグループごとに定義し、それぞれの重量や重心位置も把握できるTekla Structuresは、施工現場に近いCADであると言えます。BIMの活用方法について、さらに検討していきたいと思っています。
Tomoya Kaneko
Senior Research Engineer
Obayashi