BIMとは?

「BIM(Building Information Modeling)のテクノロジーを利用すれば、ひとつまたは複数の正確な仮想建物モデルをデジタルで建設できます。この3次元BIMモデルは、各フェーズの設計を支援し、手動で行うよりも優れた分析と管理を可能にします。コンピュータで生成された完成モデルには、建物を実現するまでの調達活動、製作、建設をサポートするのに必要となる正確な形状とデータが含まれています。」

Handbook of BIM』(Eastman、Teicholz、Sacks、Liston共著、2011年)に記載されているこのBuilding Information Modelingの定義には、テクノロジーをはじめ、建設プロセス全体を取り巻く多くのことが包含されています。

コラボレーションと情報管理

当社では、「Information」を表すBIMの「I」が非常に重要な文字であると考えています。米国のNational Building Information Model Standard(NBIMS-US™)プロジェクト委員会は、BIMモデルは施設に関する情報を共有するためのナレッジリソースである一方で、関係者間のコラボレーションを促進するという、もうひとつの重要な役割を持つものであるとみなしています。

プロジェクトにおいて、さまざまな関係者との協業は容易なことではありません。NBIMS-US™プロジェクト委員会は、次のように述べています。「建物の設計、建設、維持には想定以上のコストがかかっており、引き渡しまでにかなりの時間を要しています。こうした背景から、建設プロセスに参加する関係者間でのコラボレーションを向上させていかなければなりません」 。アメリカ国立標準技術研究所(NIST)の研究によると、アメリカでは相互運用性の欠如のために、施主が毎年158億ドルを余分に支払っていることが明らかになっています。コミュニケーションと情報管理を向上させることは、建設業界にとって確かなメリットがあります。

BIMのテクノロジー

CADの出現によって情報の作成が自動化されましたが、こうした情報の利用を自動化するのがBIMです。BIMでは、大量の情報を処理するための精度と機能がソフトウェアに求められます。また、実運用にあたっては、他のソリューションとの互換性も必要になります。これをなくして、協業的なワークフローの実現は困難を極めることでしょう。当社では、お客様が質の高いBIMワークフローを達成できるよう、Open BIMを採用し、実現可能なモデルの構築を推進します。

なぜBIMなのか?

多くのユーザーが、BIMのメリットを挙げています。Skanska社Barton Malow社といったBIMを活用している企業は、スケジュール作成、見積り、リスク解析に関連したメリットや、プロセスにおけるコラボレーションの促進、施設管理の向上などの効果を報告しています。さらにBIMでは、実現可能なモデルを利用して、仮想的に構造物のプロトタイプを作成できるので、現場で構造物を建設する前に、ソリューションを事前に試してみることもできます。プロジェクト関係者は、設計をより簡単に理解して、確認できるので、設計の精度や完成度が保証しやすくなります。また、コストやその他のプロジェクトのパラメーターに基づいて、代替案を視覚化し、評価することもできます。BIMによってプロジェクト関係者間のコミュニケーションが向上した、全体的に品質が向上したといった喜ばしい評価が寄せられています。

すべてがBIMではない

建物を表現するモデルが、すべてBIMであるとは限りません。たとえば、視覚的な3次元データのみが含まれ、オブジェクトの属性情報が含まれていないモデルや、あるビューでは寸法を変更できても、他のビューにその変更が自動的に反映されないモデルもあります。これらのモデルは、調達、製作、建設を支援するためのデータが欠落しています。