Tekla Structures 2016 リリースのお知らせ

 

トリンブル、さらに効率的な建設ワークフローを目指した最新バージョン
「Tekla Structures 2016」の提供を開始

操作性の向上、図面作成の効率化、コラボレーションの強化により、
建設プロジェクトのワークフローを改善

 

建設や土木業界の生産性向上に役立つ多様なテクノロジーを提供する米国トリンブル社(本社:カリフォルニア州サニーベール市、以下トリンブル、NASDAQ:TRMB)は、業務効率のさらなる向上を実現する BIM(Building Information Modeling)ソフトウェアの最新バージョン「Tekla Structures 2016」のリリースを 3 月 16 日に発表しました。新バージョンでは、建設会社、ファブリケーター、鋼構造およびプレキャストコンクリート構造設計者等、プロジェクト関係者間のコラボレーションを促進する機能を強化し、効率的なワークフローを実現します。

 

Tekla Structures 2016:ユーザーインターフェースの刷新と情報活用のための機能強化

先進的なBIMソフトウェアであるTekla Structuresは、様々な鋼構造物やコンクリート構造物を正確かつ詳細にモデリングすることができます。新バージョンでは、効率的なモデリング機能のさらなる向上により、製作・建設段階での追加コストの要因となる不具合を未然に防止することに貢献します。また、このたびのリリースから韓国語のサポートを開始し、17言語に対応するようになりました。

新しいユーザーインターフェースは、アイコンなどのデザインの刷新はもちろん、メニューをカスタマイズできるようになったことで操作性が向上し、モデリングの効率化と設計プロセスの迅速化を実現します。また、モデルの視認性を向上させるため、デフォルトカラーを一部変更しました。

新バージョンでは、モデル情報をさらに効率的に利用するための機能を搭載し、効果的なモデルコンテンツの管理や伝達の利便性が向上しました。設計段階で不具合を早期に発見して修正することで、施工現場でのやり直し作業を回避し、時間短縮とコスト削減につなげることが可能です。また、プレキャスト部材のコンクリートカバーなど、製作の際に繰り返し利用する情報を自動的に作成できるようになるため、生産性の向上が期待できます。

さらに、IFC 形式ファイルなどとの互換性の向上により、コラボレーションがより容易になり、信頼性も向上しました。

トリンブル・ビルディングズのストラクチャー部門ゼネラルマネージャーであるリスト・ラティは、「新機能や改善機能の多くが、お客様のご要望を元に開発してきたものです。例えば、図面作成機能の改善はもちろん、2D ライブラリでは変更承認マークなどの 2 次元データを作成して登録・再利用できるので、図面作成の作業時間をさらに短縮できるようになっています」と述べています。

 

 

新バージョンの詳細について

下記ウェブサイトより、Tekla Structures 2016 をダウンロードいただけます。

ダウンロードはこちら: http://www.teklastructures.com
テクラのソフトウェアに関する詳細は、www.tekla.com をご覧ください。

Tekla Corporation は、2016 年 1 月よりトリンブルブランドに変更致しました。
ブランド変更の詳細は、www.tekla.com/evolution をご覧ください。

 

【トリンブル・ビルディングズについて】
米国トリンブル社のエンジニアリング&コンストラクションセグメントに属するトリンブル・ビルディングズは、建物の DBO(Design:設計、Build:建設、Operation:運営)ライフサイクル全体の最適化にフォーカスしています。 トリンブルはコミュニケーションやコラボレーションを効率化する強力なソリューションを持ち、生産性向上や無駄の削減、スケジュール・予算・不動産ポートフォリオの最適化に注力することで業界に変化をもたらそうとしています。ターゲットを明確に定めたこれらのソリューションを使用することで、施主や建築家、構造設計者、建設会社は、より迅速で効率的にプロジェクトを実施できるようになります。 世界の 150 カ国以上で使用されているトリンブル・ビルディングズのソリューションは、インフラ整備および建築プロジェクトにおける設計、施工、運営の手法を大きく変えています。

詳細は、buildings.trimble.com(英語)をご覧ください。

 

【米国トリンブル社について】
米国トリンブル社は 1978 年に創設し、カリフォルニアに本社を置く世界最大手の測量機器メーカーです。トリンブルグループは、建設や土木業界で活躍する世界中の企業や政府関係者の生産性向上に役立つ多様なテクノロジーを持ち、そのソリューションは、調査、建設、農業、保有車両や資産の管理、安全確保、マッピングなどの位置情報を活用するアプリケーションにフォーカスしています。GPS やレーザー、光学といったポジショニングテクノロジーに加え、ユーザーのニーズに特化した様々なソフトウェアコンテンツ、現場とオフィスの連携をより強化するためのワイヤレステクノロジーなど、幅広い分野にその技術は応用されています。

詳細は、www.trimble.com をご覧ください。

 

【プレスリリースに関するお問い合わせ】
株式会社トリンブル・ソリューションズ
マーケティング担当 浅原
〒140-0001 東京都品川区北品川 1-1-11
TEL:03-5769-3351 FAX:03-5769-3353
Email: tekla.marketing.jp@trimble.com