Tekla Global BIM Awards 2016

トリンブル、「Tekla Global BIM Awards 2016」の
最優秀プロジェクトを発表

建築・建設業界を対象とする BIM(Building Information Modeling)ソフトウェアを開発および販売する株式会社トリンブル・ソリューションズ(東京ヘッドオフィス:東京都品川区、代表取締役社長:宮本 信太郎)は、各国からノミネートされた様々な BIM プロジェクトを審査・表彰する「Tekla Global BIM Awards 2016」の最優秀プロジェクトを発表しました。Tekla Global BIM Awards は、BIM の活用領域を押し広げ、高品質なモデルをワークフロー全体で有効活用している先進的なプロジェクトを表彰する世界規模の BIM コンペティションです。

本年は、世界各国で開催されたローカルコンペティションで優勝した 73 プロジェクトがノミネートされ、どのプロジェクトからも近年の BIM の手法がいかに進化しているかをうかがい知ることができます。7 部門の各最優秀プロジェクトは、業界のエキスパートで構成された審査員によって選出されました。

「選考では、例えば属性として持つ情報のレベルから建設可能性がどのように考慮されているかといった、BIM モデルの品質という点に着目しました。さらに、革新的な BIM の応用手法、モデリングの技術、使用する材質の多様性、コラボレーションの範囲なども審査の対象になっています」と、審査員の 1 人であるトリンブル社のプロダクト・アーキテクチャー・ディレクターRagnar Wessman は述べています。

 

Tekla Global BIM Awards 2016 の部門別最優秀プロジェクト:

BIM プロジェクト部門、商業施設部門:2 部門で表彰された GA グループによる「タレス・ボルドーキャンパス」プロジェクト(フランス)は、関係者全員が正確な情報をリアルタイムに利用することで、当初計画通りの18 ヶ月で建設を終えることができました。このオフィスビルは、タレス社の従業員 2,500名を収容できるスペースを有しています。設計から製作、建設までの管理を行ったゼネコンの GA 社は、概念設計から建設に至るまで、膨大な量の情報を含むモデルを使用し、先進的な BIM の手法によって非常に能率化したワークフローを達成しています。

 

 

公共施設部門:フィンランド、ヤルヴェンパーに位置する新しい社会・医療センターJUST は、9つのプロジェクトチームから成る JUST アライアンスが手がけました。多様な建築材料が使用されたこのプロジェクトでは、資材調達、製作、建設現場、スケジュール・タスク管理、工区分け、コスト見積、品質保証といった幅広い業務で BIMが使用されています。建物のライフサイクル全体で BIM を活用する新しいプロセスの確立を目指し、プロジェクトチームはモデルが持つ情報を分類、分析し、さまざまな用途に適合させました。

 

 

産業プロジェクト部門:ニュージーランド最大手のディスカウントストア「ウェアハウス」の物流センター拡張プロジェクト(ニュージーランド)は、2011 年に発生した地震の影響を受けた既存構造物に倉庫や集配スペースなど(約 17,000 ㎡)を増設するというものでした。プロジェクトを請負った Holmes Consulting Group は、既設の構造物の点群データを基にモデルを構築し、バーチャルな環境で新旧構造物の整合性の検証を行いました。スムーズなワークフローで建設が進められ、施主であるウェアハウスグループには、今後の維持管理や将来的な拡張工事に役立つ豊富な情報が提供されています。

 

 

インフラ整備プロジェクト部門:Northern Hubアライアンスが請負った「オーズオール・コード」プロジェクト(イギリス)は、これまで移動が不便だったマンチェスターの中心部にある 2 つの主要駅をダイレクトにつなぐための新しい鉄道路線で、1830 年に架けられた歴史的な橋に結合する高架橋の建設も含んでいます。チームは、既存のインフラ設備の点群データをモデリングの基盤として使用し、Tekla Structures を活用してより高い LOD(level of development またはdesign)での鉄骨・RC の As-Built BIM モデルを作成しています。プロジェクトの初期段階から主要パートナーが参加することで、建設会社は設計から建設計画、建方まで一貫した BIM モデルを使用することができ、より優れたプロセスの実行が可能になりました。

 

 

スポーツ&レクリエーションプロジェクト部門:Oostingh Staalbouw Katwijk 社による「スポーツキャンパス・ゾイデルパーク」プロジェクト(オランダ)は、15 人の設計者が 3 つの拠点でチームを編成し、モデリング作業を行いました。作成した BIM モデルの情報は見積、購買、製作計画、建方に幅広く使用され、鉄骨製作においてはモデルから工作機械に直接データを出力して自動化を実現し、プレキャスト部材や耐火部材の情報もモデルで管理しています。コラボレーションの主要フォーマットとしては、IFC 形式が使用されています。

 

 

小規模プロジェクト部門:Viry 社(Fayat グループ)の「ユーラー」(フランス)は、T形鋼を組み合わせて構成された柱の無い幾何学的な屋根構造であり、その建方は難易度の高い作業となりました。さらに、往来の多いシャンゼリゼ付近に位置するため、資材を工程計画に合わせて時間通りに搬入する必要があり、こうした現場管理やロジスティクスの課題を解決するために BIM を活用しています。

 

 

 

 

学生部門:ロズ工科大学(ポーランド)の学生が挑んだ「ロズ・シティゲート」プロジェクトでは、土木エンジニアリング、意匠設計、環境エンジニアリングを専攻する学生が集まり、現存するゲートの代替となる新たな建物(公共スペースを含んだガラス張りのオフィスビル)を作り上げています。チームでアイディアを共有することで不具合の解決が容易になり、新たなソリューションの発見にも繋がりました。デザイン性に優れた構造であることはもちろん、Tekla BIMsight を使用して意見交換を行うなど、コミュニケーションとコラボレーションに重点を置いてプロジェクトを進めたことも評価されています。

 

 

特別優秀賞:CIMTAS 社がモデリングと製作を行ったトルコの「イズミット湾横断橋」は世界で 4 番目に長い吊り橋で、中央スパン 1,550メートル、全長 2,682 メートルを誇ります。このプロジェクトでは非常にハイレベルな製作精度が要求されたため、モデルデータを NC 工作機械や溶接ロボットとのデータ連携に活用し、さらに輸送や建方にも利用しました。

 

 

 

 

一般投票優秀賞:公共施設部門では惜しくも優秀賞を逃したものの、一般投票でもっとも多く票を獲得した Eversendai 社の「アブダビ国際空港ミッドフィールド・ターミナル」プロジェクトでは、新しいターミナルのコンコース、搭乗ゲート、旅客搭乗橋の設計施工に Tekla Structures が活用されました。同社の業務は、詳細設計、製作図の作成、製作はもちろん、BIM の導入プランの作成や鉄骨建方の検討から実施にまで及びます。これら
はすべて同社のエンジニアリング部門が管轄し、プロジェクトの工程計画に沿って実施されました。

 

 

本年の審査員は、『ENR(Engineering News-Record)』誌の総合監修者 Nadine Post 氏、ポズナン工科大学 Adam Glema 教授、トリンブル社プロダクト・アーキテクチャ・ディレクターRagnar Wessman、同じくトリンブル社コンクリート部門ディレクターSampo Pilli-Sihvola の 4名です。

 

本コンペティション、最優秀プロジェクト、その他エントリープロジェクトの詳細は、TeklaGlobal BIM Awards 2016 の特設ウェブサイト(英語)をご覧ください。More information about the competition, winners and other entries is available  Tekla Global BIM Awards website.

《画像使用に関するお願い》
本プレスリリースの掲載画像は、雑誌社、新聞社等の報道関係者様に限定してご利用いただけます。 また、画像は一切の変更・改ざんを禁止致します。 ご使用の際には、コピーライト"Copyright © 2016 Trimble Solutions Corporation"をご記載くださいますようお願い致します。

 

【トリンブルについて】
トリンブルは 1978 年に創設、米国カリフォルニアに本社を置く世界最大手の測量機器メーカーです。トリンブルは、建設や土木業界で活躍する世界中の企業や政府関係者の生産性向上に役立つ多様なテクノロジーを持ち、そのソリューションは、調査、建設、農業、保有車両や資産の管理、安全確保、マッピングなどの位置情報を活用するアプリケーションにフォーカスしています。GPS やレ
ーザー、光学といったポジショニングテクノロジーに加え、ユーザーのニーズに特化した様々なソフトウェアコンテンツ、現場とオフィスの連携をより強化するためのワイヤレステクノロジーなど、幅広い分野にその技術は応用されています。

 

【Tekla ソフトウェアについて】
トリンブルが提供する Tekla ソフトウェアは、構造設計向けの革新的な BIM ソリューションです。トリンブルは、先進的なソフトウェアからトータルステーションまで建設向けの幅広いサービスを提供し、建物の計画から施工、運営までを変革するツールを提供しています。Tekla ソフトウェアは、設計・建設ワークフローの中心的な役割を担い、建設可能なモデル・情報のやりとりやコラボレーションをよりスムーズにします。Tekla ソフトウェアの詳細はこちら(www.tekla.com)をご覧ください。

 

【プレスリリースに関するお問い合わせ】
株式会社トリンブル・ソリューションズ
マーケティング担当 浅原
〒140-0001 東京都品川区北品川 1-1-11
TEL:03-5769-3351 FAX:03-5769-3353
Email: tekla.marketing.jp@trimble.com