Tekla Global BIM Awards 2013

 

テクラ株式会社、「Tekla Global BIM Awards 2013」の最優秀プロジェクトを発表
BIM の活用範囲を拡大し続ける建築業界

 

建築・建設業界を対象とするBIM (Building Information Modeling)ソフトウェアを開発および販売するテクラ株式会社(東京ヘッドオフィス:東京都品川区、代表取締役社長:宮本 信太郎、以下 テクラ)は、各国からノミネートされた様々な構造形式の建設プロジェクトの審査を終え、「Tekla Global BIM Awards 2013」の最優秀プロジェクトを決定しました。審査は5 部門で行われ、BIM プロジェクト部門の最優秀賞には「Puuvilla ショッピングセンター」プロジェクト(フィンランド、ポリ郡)が輝きました。RC 構造部門は「シャーロット・ナイツ新スタジアムBB&T ボールパーク 」プロジェクト(アメリカ、ノースカロライナ州)、プレキャストコンクリート構造部門は「Kalasataman Fregatti and Fiskari アパートメントビル」プロジェクト(フィンランド、ヘルシンキ市)、エンジニアリング部門は「Tesco シェリンガムスーパーマーケット」プロジェクト(イギリス、ノーフォーク州)、鋼構造部門は「ギャップ・アイススケートスタジアム」プロジェクト(フランス、ギャップ郡)に、それぞれ最優秀賞が贈られます。

BIM プロジェクト部門では、13 社からなるプロジェクトチームによって実現した本格的なBIM プロジェクトとして、Puuvilla ショッピングセンターが最優秀賞に選ばれました。プロジェクトチームは、プロジェクト規模の大きさやタイトなスケジュールに加え、豊富な情報を含むBIM モデルを活用した新旧構造物の統合といった課題に取り組み、高い評価を獲得しています。構造のみでなく、意匠や設備、電気系統、スプリンクラー設備のモデリングも行い、レーザースキャンによって既設構造物のBIM モデルを作成しました。

RC 構造部門で最優秀賞に輝いたのが、Wayne Brothers 社が施工を請け負ったシャーロット・ナイツ新スタジアムBB&T ボールパーク です。同社では、打設計画立案や進捗確認、関係者間の調整作業にBIM データを活用しました。鉄筋加工業者であるHarris Steel 社は、詳細設計に正確な配筋まで行ったBIMモデルを使用することで、ミスの低減とワークフローのさらなる効率化を実現しました。

 

Tesco シェリンガムスーパーマーケットは、特徴的な木造の屋根構造をもつ商業施設の設計で、エンジニアリング部門の最高評価を受けました。この設計を請け負ったPinnacle 社のプロジェクトチームは、意匠と設備の3 次元モデルを、テクラで作成した鉄骨や木材、鉄筋コンクリートのBIM モデルと統合し、すべてのプロジェクト関係者間でその情報を共有しました。

 

 

プレキャストコンクリート構造部門最優秀賞のKalasataman Fregatti and Fiskari アパートメントビルは現在建設中で、複雑な形状を持つ外観が特徴的です。エンジニアリング会社であるMäkeläinen 社は、構想設計の段階からBIMモデルを活用し、図面枚数を大幅に削減しました。意匠モデルは、構造部材との干渉チェックや参照用として使用しています。さらに、BIMモデルの情報は製作にも活用されています。

 

鋼構造部門では、Patrick Millet 社によるギャップ・アイススケートスタジアムの改修プロジェクトがトップの座を獲得しました。プロジェクトチームは、1970 年代に建設された既存の木造構造物を維持しつつ、新たな負荷に耐え、現在の耐震基準を満たす補強を施す必要がありました。

アゼルバイジャンのバクー・オリンピックスタジアムには、一般投票による最多得票で優秀賞が授与されます。モデリングを手がけたTekfen Engineering 社とSteel & Structural Detail Engineers社は、モデリング作業をギリシアとトルコの2 拠点で行い、BIMモデルは韓国とニューヨークの設計者とのコミュニケーション手段として活用されました。

 

本コンペティションの審査員は、Ashwin Mahalingam 氏(インド工科大学 マドラス校 助教授)、Richard Ogden 氏(Buildoffsite 会長 兼 acumen7 ディレクター)、Viktor Várkonyi 氏(Graphisoft 社CEO)、John Bacus 氏(Trimble SketchUp プロダクトマネジメントディレクター)といった国際的なBIMエキスパートで構成されています。また、テクラを代表して上級副社長のRisto Räty も参加しています。

Tekla Global BIM Awards にノミネートされたプロジェクトは、2013 年にテクラの各エリアで開催されたコンペティションの優勝プロジェクトです。本年は、世界各国から選りすぐりの44 プロジェクトが参加し、コンペティションの特設ウェブサイトから2,800 票を超える投票をいただきました。

本コンペティションの詳細は、ウェブサイトをご覧ください。

メディア向け画像のダウンロードはこちら
注:画像のダウンロードは、雑誌社、新聞社等のメディアに限定して許可致します。また、画像は一切の変更・改ざんを禁じます。ご使用の際には、コピーライト"Copyright © 2014 Tekla Corporation"を必ず記載してください。

 

【テクラ株式会社について】
テクラは、独自のデジタルモデリング技術を用いたBIM ソフトウェアをさらに進化させ、建設業界や公共イ
ンフラ業界において、お客様の競争力強化に貢献しています。100 カ国での導入実績があり、15 カ国にオフ
ィスを設置、パートナーネットワークは世界中に広がっています。1966 年に設立し、2011 年にはTrimble 社
のグループ企業となりました。

 

【Tekla Global BIM Awards について】
Tekla Global BIM Awards は、世界各国の先進的なBIM プロジェクトを紹介し、表彰するコンペティション
です。公開されたモデルやプロジェクトの詳細を見ることで、BIM がいかに世界中の建設に貢献し、また
様々な用途で利用されているのかを再認識することができます。日々人々の注目を集め称賛される、数多く
の象徴的な建築物の設計や建設において、テクラはこれからも重要な役割を担ってまいります。

 

【プレスリリースに関するお問い合わせ】
テクラ株式会社
マーケティング担当 浅原
〒140-0001 東京都品川区北品川1-1-11
TEL:03-5769-3351 FAX:03-5769-3353
Email: yumiko.asahara@tekla.com