自社ブランドをトリンブルブランドに移行

 

―建設ライフサイクル全体における顧客のニーズにフォーカス―

世界最大手の測量機器メーカーである米国トリンブル社(本社:カリフォルニア州、サニーベール、以下トリンブル)は、2016年1月1日よりテクラコーポレーションのブランドをトリンブルブランドに移行することを発表しました。テクラは2011年にトリンブルグループのメンバーとなり、このブランドの変更は、トリンブルの将来的なビジョンはもちろん、その進化の表れでもあります。

トリンブルグループのメンバーとなった2011年以降、両社は先進的で使いやすく、直感的に操作できるテクノロジーを通じて建設ライフサイクルに変化をもたらし、業種を越えたさらなるコラボレーションを加速させるという同じビジョンを共有してきました。トリンブルは幅広いテクノロジーのポートフォリオを持った自社の強力な専門知識と能力を組み合わせ、建築や土木分野における計画、設計、建設、維持管理に変化をもたらす顧客重視のソリューションを開発しています。このブランドの変更は、BIMに対してオープンな姿勢をとり、トリンブルのDBO(Design:設計、Build:建設、Operation:運営)ソリューションの幅広いポートフォリオとテクラのソフトウェアをより強力に連携する機会を提供するという両社のお客様に対する強いコミットメントの現われでもあります。トリンブルのソリューションとなるテクラのユーザー様は、ブランドが移行したあとも引き続き、高品質なサポートとサービスを受けることができるのはもちろん、さらなる革新を期待することができるでしょう。

「トリンブルが持つ専門知識やテクノロジー、さらには市場調査や製品開発への大規模な投資により、私たちは建設ワークフローを変える市場に対してソリューションを提供できるようになります。ブランド名とは、私たちがどんな会社で、何を支持しているかを示す重要な指標です。テクラのソフトウェアとトリンブルの幅広いDBOソリューションのポートフォリオをより強固に連携させることで、私たちはともに建設業界に貢献することができるのです」と、トリンブルBuildings Structures部門のゼネラルマネージャーであるリスト・ラティは述べています。

BIMとは、構造設計および建築・建設に携わる世界中の関係者たちが、構造物のモデルの作成、伝達、分析のためにいち早く採用したプロセスです。建設の見積もり、プロジェクト管理、「BIM-to-field(BIMを現場にもたらす)」のためのトリンブルのソリューションと、テクラのBIMソフトウェアソリューションをより強固に連携させることで、世界中の建設会社に生産性のある魅力的なソリューションを提供できるようになります。建設業界では他に類を見ない専門的なワークフローと生産性のあるソリューションは、クライアントにさまざまなメリットをもたらします。

トリンブルの建設向けソフトウェアポートフォリオとテクラをより強固に統合することで、プロジェクトのライフサイクル全体を通してデータを統合できる能力を拡大することができます。また、洗練された幅広いBIMの能力をお客様に提供することが可能になり、精度と相互運用性を向上させることでコストの削減を実現します。

Trimble Buildingsについて
トリンブルのEngineering and Constructionセグメントに属するTrimble Buildingsは、建物のDBO(Design:設計、Build:建設、Operation:運営)ライフサイクル全体の最適化にフォーカスしています。 トリンブルはコミュニケーションやコラボレーションを効率化する強力なソリューションを持ち、生産性向上や無駄の削減、スケジュール・予算・不動産ポートフォリオの最適化に注力することで業界に変化をもたらそうとしています。ターゲットを明確に定めたこれらのソリューションを使用することで、施主や建築家、構造設計者、建設会社は、より迅速で効率的にプロジェクトを実施できるようになります。 世界の150カ国以上で使用されているTrimble Buildingsのソリューションは、インフラ整備および建築プロジェクトにおける設計、施工、運営の手法を大きく変えています。

【トリンブルについて】

トリンブルは、企業や政府の現場作業員がより多くの利益を得ることができるテクノロジーを採用しています。ソリューションは、調査、建設、農業、保有車両や資産の管理、安全確保、マッピングなどのための、位置情報を必要とするアプリケーションにフォーカスしています。GPSやレーザー、光学といったポジショニングテクノロジーの活用に加え、トリンブルのソリューションはユーザーのニーズに特化したソフトウェアコンテンツも保有しています。ユーザーにソリューションを提供するという目的にとどまらず、現場とオフィスの連携をより強化するためにワイヤレステクノロジーが利用されています。トリンブルは1978年に創設、サニーベール、カリフォルニアに本社を置きます。詳細はこちらをご覧ください。www.trimble.com

 

【プレスリリースに関するお問い合わせ】
テクラ株式会社
マーケティング担当 浅原
〒140-0001 東京都品川区北品川1-1-11
TEL:03-5769-3351 FAX:03-5769-3353
Email: tekla.marketing.jp@trimble.com