図面のためではなく、建設のためのモデリング

実現可能であるとは、建物または構造が時間と予算の両面において効率的に建設できることを事前に保証することを意味します。Building Information Modelingは、十分に詳細で正確であれば、情報豊かな施工完了時のモデルを作成することができるため、現場で作業を始め、実際の材料を消費したり無駄にする前に、起こりうる問題を見つけることができます。施工完了時のモデルを作成できるため、予算に驚くことも少なくなり、収益性の高いプロジェクトを可能にします。

ある部分においては、実現可能性こそが「BIMとは?」という質問に対する回答であると言えます。テクラは、実現可能性をBIMソフトウェア開発の基盤としています。テクラでは、業界のニーズに合ったソフトウェアの生産において、"Information"を表すBIMの"I"の部分を特に重視しています。モデルに多くの情報を含めれば含めるほど、プロジェクト関係者全員にとってメリットが大きくなるためです。

毎日の実現可能性

建設業者にとって、実現可能性は毎日遭遇する実際の問題です。建設はプロセスであるため、テクラでは、やむを得ない変更を含めた、ワークフロー全体をサポートするソフトウェアを提供したいと考えています。建物がさまざまな材料で構成されているように、ソフトウェアもさまざまな材料を処理できる必要があります。

実現可能な施工完了時のモデルにより、プロセスの早い段階で情報に基づいた決定を行うことができます。Tekla Structuresは、さまざまな材料を使用した、詳細かつ正確で情報豊かな構造モデルを作成、結合し、提供できるように設計されています。プロセスの最初で入力されたデータが最後まで維持され、蓄積されるため、データは正確で豊富です。建設業者は、変更を管理し、ミスを回避することができます。また、干渉を発見し、品質を向上させて無駄を減らすことができます。

より大規模でより優れた、コストを抑えた短期間の建設が求められる現在

現在の建設業界の動向は、実現可能性を推進しています。建設業界はますます複雑な建築に向かっているため、設計者および建設業者はこれまで以上に革新的なソリューションを見つけて、それらを実現する必要に迫られています。建設を安全に成功させるため、既に設計段階から詳細および情報が必要になっています。

コスト面の圧力もつきまとっています。実現可能なモデルを使用することで、より優れた、コストを抑えた短期間の建設が可能になります。プロセスを計画し、それらのスケジュールを作成できることに加えて、建設を開始する前に考えられるミスを設計段階で検出することができます。このため、現場で場当たり的に問題を解決することが少なくなります。

正確な情報を重要とならしめている別の動向として、オフサイト建設があります。業界が節約および自動化レベルの向上へと向かうにつれて、オフサイト建設に対する支持も拡大しています。鋼製の屋根アセンブリや工場組み立て型のバスルームなど、これまで以上に大きなユニットが事前に組み立てられて建設現場に到着し、決められた期限に合わせて取り付けられています。必然的に、それらのユニットは、すべて正確に適合し、スケジュールに従っている必要があります。同時に、膨大な量の変更情報をプロジェクトに参加している人に届ける必要があります。当然、このプロセスには、実現可能なモデルのような、簡単に見つけることができる、正確かつ最新の施工完了時の情報が必要になります。

Georgia Tech Eastman constructability

BIMを使用することで、コストを50%削減できたケースもあります。建設を開始する前に実現可能性に関する問題を解決できることは、間違いなくミスの低減につながります。
Charles Eastman
教授
Georgia Tech college of Architecture