Tekla 2018i バージョンでより効率よく仕事をしましょう

ドキュメントの改良と自動化の改善

Tekla® 2018i

Tekla products

新機能をトピック別にご確認ください

トピック

ボタンひとつで開口部を詳細に作成

詳細設計 Tekla Structures 現場打ちコンクリート プレキャストコンクリート エンジニアリング

壁レイアウトでは、カスタマイズしたコンポーネントを使用し、コンクリート壁に対してあらゆる形状の開口部を詳細かつ素早く作成できるようになりました。既存の壁モデルに細部まで詳細にモデリングした開口部を一度に作成することができます。新機能が追加されたことで、壁レイアウトツールをより柔軟に活用できるようになり、現場打ちコンクリートやプレキャストコンクリート構造物における詳細設計時間の短縮や生産性の向上を実現します。

詳細はこちら


ハーフプレキャストスラブ用の新しい詳細設計ツールセット

詳細設計 Tekla Structures プレキャストコンクリート エンジニアリング

ハーフプレキャストスラブに最適な鉄筋とトラス梁を自動で詳細に作成するための新しいツールセットが登場し、繰り返し行う詳細設計のステップを自動化すると同時に、ミスのない最適化された作業を実施できるようになります。スラブ全体に共通の鉄筋を配置したり、最適化された鉄筋を自動で配置する場合も、必要な情報をヒューマンエラーなく効率的に作成し、モデリングに利用することができます。

Tekla Warehuose
テクラ・ウェアハウスの拡張機能


二重壁構造の詳細設計を強化

詳細設計 Tekla Structures プレキャストコンクリート エンジニアリング

年初にリリースされた二重壁構造のモデリングと詳細設計を自動化する詳細設計ツールセットがさらに強化されました。最新バージョンでは、詳細設計機能の効率性がアップし、操作性もさらに向上しています。

Tekla Warehuose
テクラ・ウェアハウスの拡張機能


複雑なプレートでの生産性が向上

詳細設計 製作 Tekla Structures 鉄骨

折れ板のモデリングと図面の表示機能が引き続き改良されています。対応できるプロジェクトの種類が拡大し、製作チームに提供する情報が改善されたことで、お客様の対応力と複雑なプロジェクトでの競合力の強化を実現します。

最新バージョンでは、プレートの作成と編集がこれまで以上に簡単になっています。新しい円錐曲げ加工機能では、錐体や変化する断面などより多くの種類の形状を作成できます。

Formwork Placing tool - Walls Condition setup

溶接の性格なモデル化

詳細設計 製作 Tekla Structures 鉄骨

Tekla Structures 2018i では、溶接機能の強化によって製作工程のプランニングを改善し、自動化を推進できます。また、モデル内で溶接を管理し、製作期間と数量を正確に見積もることができるようになりました。当社では、溶接機能の開発を継続的に行うことで、最先端のロボットを使用した溶接および組み立て向けソリューションを推進しながら、大幅な品質改善と飛躍的な生産性向上を実現します。

Formwork Placing tool - Walls Condition setup

図面の改良

基本設計 詳細設計 Tekla Structures エンジニアリング 鉄骨 現場打ちコンクリート プレキャストコンクリート

Tekla Structuresは、正確かつ明快で、常に最新状態の図面をより短時間で簡単に作成できる機能を強化し続けています。Tekla Structures 2018i の最新機能では、設計情報をこれまで以上に効果的かつ効率的に伝達できるようになっています。

図面内容管理

Tekla Structures 2018i の図面内容管理では、実現可能な Teklaモデルをより効果的かつ生産的に使用できるようになっており、図面に表示された部材に正しくマークが付いていることを確認することができます。

また図面内容管理には、鉄骨とコンクリートの寸法注記機能と広範な検索機能も導入されています。あるユーザー様は、「鉄筋すべてにマークが付いているかを確認するときにも、特定のマークを一度にすべて更新するときにも役立つ素晴らしい機能」であると評価しています。

鉄骨部材のマーク機能が向上し、鉄筋のマークの管理が可能になりました。図面内容管理のツールセットの対象範囲がさらに拡大したことで、図面ビューの内容を迅速に把握し、図面の完成度をより素早く判断できるようになっています。

素早い寸法設定を実現する新しいツール

新しい寸法設定ツールにより、梁伏図や軸組図を作成する際の繰り返し作業が削減され、壁やスラブなどの構造物の開口部や縁端部の寸法作成を自動化できます。新しいオブジェクト寸法設定ツールでは、オブジェクトと基準線の間に寸法を自動的に追加できます。

Tekla Warehuose

Object dimensioning tool in Tekla Warehouse
Opening and edge dimensioning in Tekla Warehouse

Auto dimensioning in GA drawings

プレキャスト製造システムへのスムーズなデータ転送

詳細設計 製作 Tekla Structures プレキャストコンクリート

お客様および業界パートナーとの緊密かつ継続的な連携により、プレキャスト製造システム向けのエクスポートに多くの改良が施され、モデルからさまざまなプレキャスト自動製造システムへの効率的かつ汎用性の高いデータ転送を実現します。

詳細はこちら

Tekla Warehuose
テクラ・ウェアハウスの拡張機能

Precast production export

型枠の計画を迅速化し、汎用性を向上

詳細設計 現場施工 Tekla Structures 現場打ちコンクリート

型枠オブジェクト用の新しいコピー、回転、ミラー機能により、壁やスラブの詳細な型枠計画を作成する際の手作業を減らすことができます。型枠配置ツールは、より複雑な形状の壁とスラブをサポートし、直感的なモデリングツールをより汎用的に使用できるようになっています。

詳細はこちら


大きな型枠モデルでも高い効率性を実現

詳細設計 現場施工 Tekla Structures 現場打ちコンクリート

インポートしたアイテムの性能が向上したことで、ファイルサイズが縮小し、アイテムのコピーや移動、ビューのズーム、回転などの処理速度が速くなります。図面を開くのにかかる時間も短縮され、特に大きな型枠モデルで作業効率が向上します。

詳細はこちら


型枠配置ツール - 壁

詳細設計 現場施工 Tekla Structures 現場打ちコンクリート

より複雑な形状の壁や、角処理が必要なコーナー部を自動機能でサポートする新機能が追加され、より簡単かつ直感的に定義できるようになりました。

Tekla Warehuose
テクラ・ウェアハウスの拡張機能

Formwork Placing tool - Walls Condition setup

型枠配置ツール - スラブ

詳細設計 現場施工 Tekla Structures 現場打ちコンクリート

Tekla Structures 2018で導入された、スラブ型枠用の新しい型枠計画アプリケーションが、傾斜スラブにも対応するようになりました。また、湾曲したスラブの縁端に梁を自動的に配置でき、より複雑なスラブ形状での詳細な型枠計画の作成時間が短縮されます。

Tekla Warehuose
テクラ・ウェアハウスの拡張機能


現場打ちコンクリート部材の図面と構造化された材料レポートを素早く容易に作成

詳細設計 現場施工 Tekla Structures 現場打ちコンクリート

現場打ちコンクリートの情報を管理する打設ユニットで、構造化された情報の管理やレポート作成、共有をさらに効率的に行えるようになりました。打設ユニットの内容を手作業で簡単に調整できるようになり、あらゆる状況でより効率的に情報の品質を確保できるように、所属する現場打ちコンクリート部材に型枠オブジェクトを自動的に割り当てられるようになっています。

打設ユニットから、現場打ちコンクリート部材の図面を素早く作成できるようになりました。現場打ちコンクリート部材に所属するオブジェクトは一般図に自動的に追加されるため、図面に含める/含めないものを決めるルールやフィルターが不要になります。図面作成の柔軟性をさらに向上させるため、隣接する現場打ちコンクリート部材も含めることができるようになりました。


鉄筋のモデリングとレポート作成の改良点

詳細設計 現場施工 Tekla Structures 現場打ちコンクリート エンジニアリング

Tekla Structures 2018iでは、鉄筋のグループ化、コピー、移動機能が改善されています。また、モデルビューに鉄筋の寸法が表示されるため、製作レベルの鉄筋モデルをより効率的に作成することができます。鉄筋向けの新しいテンプレート属性が加わり、完成度の高い帳票や工程計画を素早く作成できるようになったことで、詳細設計の生産性向上を実現する、より明確なレポートや詳細情報の提供が可能となります。

モデルビュー内の鉄筋の寸法

鉄筋の設計がこれまで以上に容易にできるようになりました。モデルビューに寸法が直接表示され、必要な情報を画面上ですぐに確認できるため、鉄筋の形状違いやサイズ違いの発生を防ぐことができます。鉄筋の寸法を調べるために、何度もクリックする必要はありません。


鉄筋の製作データをより効率的に転送

詳細設計 製作 現場施工 Tekla Structures 現場打ちコンクリート

打設ユニットを使用して、鉄筋のMESソフトウェアおよび自動鉄筋製作システム向けのBVBSファイル形式の製作データファイルをより短時間で作成できるようになりました。

BVBS export

建設におけるレイアウトで、より迅速に BIM データを利用

現場施工 Tekla Structures 現場打ちコンクリート プレキャストコンクリート 鉄骨

レイアウトマネージャで基準点を設定しておくことで、レイアウトポイントグループ用にローカル座標系を設定、再利用できます。BIMモデルの任意のレイアウトポイントグループに対し、BIMモデルの座標をローカル座標に自動的に変換できます。

詳細はこちら


情報共有とコラボレーションの強化

コラボレーション 現場施工 Tekla Structures Trimble Connect 現場打ちコンクリート

IFC4が打設ユニットとそれに含まれるさまざまな情報をサポートするようになりました。これにより、最新バージョンのIFCファイル形式を使用して、構造化された現場打ちコンクリートの情報を他のプロジェクト関係者と共有できます。また、TrimbleのクラウドベースのコラボレーションプラットフォームTrimble Connectでも、IFC4をサポートするようになりました。

詳細はこちら


解析モデリングの効率化

基本設計 Tekla Structures エンジニアリング

Tekla Structures 2018iのマルチマテリアルに対応した解析モデルにより、効率的な構造設計、詳細設計、帳票作成が実現します。モデリングの生産性も向上し、適切に接合されます。エラーのない解析フレームモデルを短時間で作成し、そのフレームを読み込んで荷重条件を設定して、任意の解析・設計ソフトウェアにエクスポートできます。

解析モデルの品質を迅速かつ確実に確認することができます。解析モデル内での接合エラーを発見して修正する作業がこれまで以上に容易に行えるようになり、節点をクリックするだけで接合されているすべてのフレームが表示されます。

モデルを作成した際に、Tekla Structures上で解析モデルの品質を確認することができます。品質レポートがモデルに直接リンクすることで、素早く問題を発見して修正し、作業を進めることができるようになります。


ユーザーインターフェースの全般的な強化

基本設計 詳細設計 現場施工 製作 コラボレーション Tekla Structures 現場打ちコンクリート 鉄骨 プレキャストコンクリート エンジニアリング

モデリングの生産性が向上

Tekla Structures 2018iでは、リボン、プロパティパネル、ユーザー定義コマンドのカスタマイズツールのデザインが全面的に刷新され、画面上の作業スペースが広くなってお客様が最適な作業方法を選択できるようになりました。分かりやすくシンプルになった新しいプロパティパネルとリボンは、デザインをカスタマイズすることでモデリングと確認の作業時間を短縮することができます。ツールバーをカスタマイズして画面をすっきりさせることができるので、よく使用するツールを見つけやすくなります。また、作業効率を上げるのに必要なあらゆる機能をすぐに利用できるようになっています。

BVBS export

コピーと移動を確実に

Tekla Structuresは、移動およびコピーの操作中に、類似あるいは同一のカット、ボルト、溶接、鉄筋および現場打ちコンクリートの打ち継ぎがないかを自動的に確認するようになりました。対象箇所で重複が見つかった場合は、警告が表示されます。これにより、モデルの精度を維持し、図面作成作業の遅延につながるモデルのエラー発生リスクを低減します。


新しいドキュメントマネージャによるプロジェクト成果物管理の改善

現場施工 製作 コラボレーション Tekla Structures 現場打ちコンクリート 鉄骨 プレキャストコンクリート エンジニアリング

全面的に刷新された新しいドキュメントマネージャが、ワークフローにおける多くの重要なニーズを満たします。帳票の管理と追跡が非効率だと、無駄な作業時間やミス、不整合が発生する可能性が高くなります。従来の図面リストはこの新しいドキュメントマネージャに置き換わり、モデルと連動したプロジェクトのあらゆる図面と帳票類を一元管理できるようになります。

ドキュメントマネージャは、お客様のニーズに合わせて高度にカスタマイズでき、プロジェクトの仕様書や契約書類、意匠設計図、ジョイントのレイアウト図など、受け取った帳票類を追跡することができます。また、図面や材料リスト、レポート、製作データファイル、その他のモデルのエクスポートなど、承認用および製作用に発行された帳票類の追跡と管理にも役立ちます。

詳細はこちら


Tekla Model Sharing (テクラ・モデルシェアリング)

コラボレーション Tekla Model Sharing 現場打ちコンクリート 鉄骨 プレキャストコンクリート エンジニアリング

ナンバリング、ロックされたファイルの取り扱い、オブジェクトの更新に関する機能改良により、テクラ・モデルシェアリングでの作業の堅牢性が大幅に向上しています。 2018iでは、パフォーマンス性もさらに向上しています。打設ユニットの変更が表示されるようになり、矛盾する部材カットサイズ、ポリゴンカット、ラインカット、フィッティング、部材カットのラインカット/フィッティングにおいて不要な変更を減らすため、読み込み後に不要な変更フラグが消去されます。また、部材の移動、合成された部材、面取り、仕上げ材の変更について、読み込み時に矛盾する変更は削除されます。

初めてモデル・シェアリングを使用するユーザーが短期間でプロジェクトに参加できるように、基本的な使用方法を説明する新しいeラーニングレッスンとビデオクリップを公開しています。

BVBS export

Watch the Tekla 2018i version webinars  SteelEngineeringConcrete