基本設計

Tekla Structures 2017i

より迅速に、完成度の高い図面を作成

図面の設定とレイアウトにおいて、建設可能な3次元モデルから信頼性の高い図面をより素早く、簡単に生成できるようになっています。

テンプレートエディタの強化

テンプレートエディタは、効果的なレポートや帳票を自由にカスタマイズできる機能です。お客様の業務に適した仕様の書式を利用して、信頼性が高い正確な数量を効率的に集計することができます。図面や帳票の内容は完全に一致するため、別途リストをExcelに出力してデータを編集するなどの作業は不要になります。

DWGエクスポートの改良

DWGエクスポート機能の強化により、AutoCAD向けの図面データを迅速に作成できるようになりました。Tekla StructuresのBIMモデルの精度を活かして、業界の標準や要件に沿ったレイヤー、色、線種でAutoCAD向けのファイルを出力できます。鉄骨やコンクリート部材の曲線も図面にスムーズに反映させ、設計変更時にモデルと図面の更新を容易に行えるようになります。.

新しい螺旋梁機能

新しく搭載される螺旋梁機能では、螺旋状のささら桁、手摺、スロープ、階段などのモデリングが容易になります。螺旋梁は、部材上面の向きを常に一定に維持した状態で螺旋形状の梁をモデリングすることができ、正確かつ建設可能な形状を作成できます。プロパティパネルを使用すると、一度に複数の螺旋梁のプロパティを容易に確認、設定することも簡単です。さらに、変更箇所は分かりやすく表示され、選択した複数の螺旋梁で効率的にプロパティの比較や確認ができるようになります。

ポリゴン点の上限を1,000点まで拡大

プレート、スラブ、折れ梁、布基礎に、100点以上のポリゴン点を含めることができるようになりました。

 

プレキャストコンクリート:床と壁のレイアウトツールの強化

床と壁のレイアウトツールが改良され、さらに使いやすくなりました。

鉄筋コンクリート:次世代機能の継続的な開発

柔軟かつ高度に鉄筋のモデリングと修正ができる機能では、あらゆる種類のコンクリート構造物において、製作と建設にそのまま利用できる詳細な鉄筋モデルを効率的に作成できるようになっています。


鉄筋:注記ツールを使用した迅速な図面作成

鉄筋の注記ツールを使用すると、鉄筋の図面作成時の繰り返し作業を自動化することができると同時に、注記スタイルによって、図面の迅速な作成が可能になります。

 

今すぐダウンロード *

* ダウンロードには、有効な製品ライセンスと Trimble Identityアカウントが必要です。
詳細については、弊社の営業担当にお問い合わせください。
新バージョンの詳細は、Tekla Structuresリリースノーツをご参照ください。

Tekla Structures 2017メインバージョン機能

基本設計

Tekla Structures 2017

モデリングの生産性が向上

新バージョンのTekla Structuresは、これまで以上に素早く、容易に正確なモデルを作成することができます。構造設計者向け機能が改良され、さらに効果的に設計情報を伝達できるようになっています。

  • 直接変更の操作性向上:ハンドルの移動範囲を選択した部材面に制限でき、勾配屋根などのモデリングに便利。
  • 処理速度が向上したオーガナイザー:モデル情報の管理を行い、モデリング時の理解度が向上。
  • オブジェクト情報機能の改良:表示項目を選択し、オブジェクト情報を素早く参照できる。
  • コンテキストツールバー:ユーザー定義情報をすぐに参照できる。
  • 壁/床のレイアウトツール:開口部の編集が容易になり、コンクリート壁のモデリング時間を短縮。詳細はこちら

意匠設計者とのコラボレーションの効率化

ワークフローがより円滑になることで、生産性が向上します。

基準点

基準点を使用すると、座標は共通の一貫性のある正しいものとなるため、容易にモデルを統合することができます。意匠設計者とエンジニアの間で、連携したBIMワークフロー (https://www.youtube.com/watch?v=hF7QNfYbUT0) を実現します。

設計変更箇所の検出効率アップ

Tekla Structures 2017では、参照モデルの変更に関する検出機能がさらに強化されています。効率的なフィルタリングとフォーカスを行うことで、変更箇所の確認が容易になります。また、一度変更箇所を検出すると、その後の変更修正がさらに容易に行えるようになっています。詳しくはこちら

より円滑なIFCワークフロー
IFCコンポーネントを壁と床のレイアウトに変換できるようになっています。詳しくはこちら

Grasshopperとのリンク

新しいプラグインにより、Tekla StructuresとRhino/Grasshopperの連携によるアルゴリズム・モデリングが可能になります。

より効果的な設計情報の伝達

Tekla Structures 2017では、正確な一般図をより効率的に作成することができ、その図面を使用して設計内容をより明確に伝達できるようになります。これにより、設計と現場の意思伝達が正確でスムーズに行えるようになるでしょう。

  • スケッチ機能と作図機能の改良:モデル化されていない情報を簡単に図面に追加でき、作業時間を短縮。
  • 2Dライブラリ:登録された図面オブジェクトを使用することで、繰り返し作成する必要がなくなるため、生産性が向上。部材、テキスト、DWGファイルなどから、よく使用される図面オブジェクトを作成し、図面に挿入できる。

図面機能の強化

  • スケッチ機能と作図機能の改良:情報を素早く図面に追加でき、作業時間を短縮。
  • ハッチング機能:構造図や施工図の作成が容易になり、生産性が向上。
  • オーバーレイ機能1:モデルに図面を重ねて表示させることで、コミュニケーションの促進や詳細・寸法の検証に役立つ。
  • オーバーレイ機能2:最新の図面に、過去の図面スナップショットを重ねて表示させることで、変更箇所の確認が容易になる。
  • 溶接開先の詳細や、折れ線、半径、角度の情報を含む折れ板展開図の自動作成機能により、折れ板の設計・製作を効率化。
  • 打設ユニットを使用して、コンクリート打設用の施工図を作成。